ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームとホラーと猫をこよなく愛する考察好きな主婦のキラキラしないブログ。

#957 『SING/シング:ネクストステージ』作中作も面白い!ネタバレあり感想【映画】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

こんにちは、みくろです。

昨日、映画SING/シングネクストステージ』を観ました!


SING/シング:ネクストステージ (字幕版)

 

2016年に公開された『SING/シング』の続編です!

 

--------------------------------

バスター・ムーン達が伝説のショーを披露してから5年後、劇場は連日ソールドアウトの大賑わいとなっていた。

次のステージを目指すムーンは、ジョービズ界の聖地レッド・ショア・シティからのスカウトマン・スーキーに自慢のショーを見せるが、本場では通用しないと一蹴されてしまう。

 

しかし諦めきれないムーンは、仲間たちを連れてこっそりオーディションに参加する計画を立てる。

そこで思いがけず夢の舞台クリスタル・タワー・シアターのオーナーであるジミー・クリスタルに気に入られ、伝説のロック歌手クレイを出演させたショーを成功させると約束してしまうのだが…。

www.youtube.com

 

今作も純粋にすごく面白かったです(*^-^*)♪

こういう途中で歌が入るような映画って実写だとちょっと笑ってしまったりするんですが(すみません)、アニメーションだと本当に何でもアリなので観ていて楽しいですよね。

 

作中で披露される舞台はそのまま観客になった気分で観ることもできるので、準備段階からどんなショーになるんだろう?とワクワクしました。

 

私は字幕版で観たんですが、日本語吹き替え陣もすごく豪華です!

大人も子どもも楽しめると思うので、夏休みにオススメしたい映画ですね♪

 

ネタバレあり感想

※以下、ネタバレ含みます。

 

ストーリーとしてはまたムーンが出来もしない口約束をして大騒動になるって話なんですが、この映画のすごいところって実はそこで、主人公であるムーンは決して舞台で輝くスターではないんですよね。

 

演者を最大限に輝かせる立役者であり、オーナーとして表に出ることはあっても、ファンがつくような人気者ではない。

 

『SING』シリーズってエンターテインメントに対するリスペクトをすごく感じる作品なんだけど、その主人公が所謂"裏方"なところがすごく良いですよね。

一つの舞台を作るにもたくさんの人が関わっているんだなあというのが分かるし、いくら情熱だけあっても金やスポンサーが付かなければできないという現実も感じさせる(笑)

 

そういえばクレイの日本語吹き替えはB’zの稲葉さんなんですね!

どんな感じなのか気になる~!吹き替え版も観てみようと思います(=゚ω゚)ノ

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村