ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームとホラーと猫をこよなく愛する考察好きな主婦のキラキラしないブログ。

#270 『事故物件怪談/恐い間取り』と住みたくない家【本】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

こんにちは、アラサー子なし専業主婦みくろです。

先日、ある本をいただきまして、かなり面白かったので紹介します!

 

事故物件住みます芸人松原タニシさん『事故物件怪談/恐い間取り』

f:id:mischwarz:20200909082516j:plain

 

これ実は先週夫が誕生日だったので会社の上司さんがプレゼントしてくれまして、うちが夫婦で(特に私が)怪談好きなのを覚えててくださったらしいです(*^^*)♪

夫への誕生日プレゼントなのに私が早速読みました(笑)

 

この本を書いた松原タニシさんは事故物件住みます芸人と自他共に呼ばれているんですが、その名の通り「敢えて事故物件に住んでいる人」です。

 

事故物件とはその土地・部屋で殺人や自殺があり、確実にそこで人が亡くなっている場所。

そういう物件を持っている不動産会社は必ず次の住み手に開示しないといけないんですが、間に別の人が一度住んでしまえば義務はなくなるんですよね。

 

事故物件となるとかなり家賃等が安くなるので特に若い人達は助かるでしょうし、不動産会社も住んでもらえるのは有り難いということで、松原さんのように敢えて住む方もわりといらっしゃるようです。

 

とはいえ事故物件

いくら安いといっても基本的には住みたくないな~と思う人がほとんどだと思うんですが、松原さんも最初はラジオ番組か何かの企画だったみたいですね(芸人さんってすごい)。

 

もちろんホラー映画のようにドーン!と幽霊が出てくるなんて事はないみたいですけど、何となく体調が良くなかったり、変な音がしたり、悪いことが続いたり、そういうはっきりとした因果関係を証明できない不気味な出来事っていうのが逆に怖いと思いました(´-﹏-`;)

 

本では松原さんご自身が住んだ事故物件5軒の話と、知らずに住んでしまった方々の体験談や心霊スポットでの怖い話など盛り沢山な内容でした!

自分が事故物件に住むのは絶対嫌だけど、実際どんな感じなのか好奇心はあるので、間取り図や写真を交えた体験談はかなり興味深かったです。

 

でも個人的には『井川さんの部屋』が一番怖かった。

留守中の夜中に老人が訪ねてきてるのをインターホンが録画していた話なんですが、写真もしっかり載っていてあれはずるい!怖い!

 

この『恐い間取り』は最近映画化もされたようで、映像になるとどうなるか楽しみですね(゚∀゚)


映画『事故物件 恐い間取り』【予告】8月28日(金)全国公開

 

本をきっかけに松原タニシさんのYoutube動画をいくつか見たんですが、前に一度このブログにも書いた(#166 ドラマ『拝み屋怪談』と和尚さんの怪談本!【日記】)怪談和尚こと三木大雲さんとの対談もあったりして新たな発見でした♪

芸人さんだけあってお話も上手で面白いので、今後も注目していきたいです!

  

ブログランキング・にほんブログ村へ