ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームとホラーと猫をこよなく愛する考察好きな主婦のキラキラしないブログ。

#1016 FF14プレイ日記vol.114 クリコンS3:ようやくレート更新できました【ゲーム】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

前回のプレイ日記はこちら↓

mischwarz.hatenablog.com

 

こんにちは、みくろです。

あいかわらずFF14はクリコンばかりやっています。

 

平日はもちろん、休日も日中はシャキらなくなったので主にGT帯に回す日々。

生活スタイル的に深夜は無理なので本当は休日だけでも昼間にがんがん回せればいいんですけどね~こればかりは人口が少なくて難しいですね(特に高ランク)。

 

週末、久々にレート更新できたので今回はそれと、初心者さん向けにダイヤ~クリスタル帯の戦い方について書きます。

 

修行しました

クリスタルを踏んだのは2週間ぐらい前なんだけど、そこから降格してしばらく完全に沼ってました。

 

自分でもクリスタル帯は適正じゃないという自覚があったし、正直S3もここまでかなあとも思ったんですが、何だかんだ楽しいのとあと少しな感じがあったのでダイヤ帯で修行することに(`・ω・´)

 

自分の何が悪いのか分からないというのが一番の問題だったので、他の方の配信に映り込んでいるのを見て客観的に分析しました。

 

敵でも味方でも他人の目線で自分を見ると、ここでこう動いていれば…!とかもっとこうフォローできていれば…!とか、いろんな発見があって勉強になりますね。

 

自分なりに改善点を見つけることができたので、あとは練習あるのみ!

どこをどう改善したかは万が一対策練られると嫌なので秘密なんですが(自意識過剰w)、自分の問題点に気付けただけで勝率はめちゃくちゃ跳ね上がりました(^O^)

 

そして無事クリスタルに戻り、週末はレートも200以上更新できました~!

もちろんランカーさんと比べたら全然まだまだなんだけど、とりあえず今の目標が「自己ベストを更新すること」と「最高レート500以上」なので、次はそれに向かって頑張ります。

 

PVP初心者がランカーさんと渡り合うためには

クリコンを真剣にやるようになってから特に思うんですが、上位ランカーの皆さんは本当に本当に強いです。

 

私のようなクリコンからPVP始めました~という初心者にとっては大きな壁なんですけど、ダイヤ~クリスタル帯だともちろんそうしたランカーの方々ともマッチするわけで、そんな中でチームの足を引っ張らないためにはどうすればいいのか考えてみました。

 

結論としては、

 

・1職(多くても2職まで)をとにかく極める

・味方を見る

 

この2点!

 

あくまで初心者向けなので、元々PVP好きな方や才能がある人は別として、私のような凡人初心者がランカーさん達と渡り合うためにまず心掛けたいことです。

 

職に関してはいろいろ使えることが理想なんですけど、それができるのって本当に一部の上位だけだと思っていて、少なくとも初心者は自分の性格に合った動かしやすい職を選ぶのが一番だと思います。

 

もちろんフィールドによって向き不向きもあるので複数職使うのは良いと思うんですが、そこまで器用ならとっくにランカーになれているはずなんですよね。

だから沼ってるよ~という人は1職か2職を集中的に極めた方が効率が良いと思います。

 

あと「味方を見る」なんですが、ダイヤ以上であればある程度ターゲットを合わせたり攻め込む方はできる人達だと仮定して、クリスタル上位との違いは味方が見えているかどうかだと思うんですよね。

 

これは私も改善点の一つだったんですが、クリコンで孤立することほど不利なことはないので、押すのも引くのも味方と合わせる、スイッチや各種バリアなど味方を助ける・助けてもらうことも重要。

 

忍者さんやモンクさんなど単独で動いた方がいい時もあるだろうけど、やっぱりこれも上手い人の話であって、少なくとも初心者は味方から離れない方がいいと思います。

 

ただこれ味方を信用できるかが問題なんですよね~(笑)

ダイヤ以上であれば全くルールを理解していない人というのはさすがに少ないと思うけど、相性の問題もあるし、近接と遠隔では押したい時と引きたい時のタイミングが若干違ったりして、そこが合わないといっきに崩れたり。

 

もうあとは場数を踏むしかないのかな?

私もまだ焦るとバタバタした動きになりがちなので、いろんな上手い人の配信を見て勉強させていただきます( ˘ω˘ )

 

次のプレイ日記はこちら↓

mischwarz.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 ゲームブログ FF14(FFXIV)へ
にほんブログ村