ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームとホラーと猫をこよなく愛する考察好きな主婦のキラキラしないブログ。

#980 『アパシー 鳴神学園七不思議』プレイ日記vol.7 特別シナリオ「秘密」と限定版・ドラマCD感想【ゲーム】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

前回のプレイ日記はこちら↓

mischwarz.hatenablog.com

 

※EDタイトルや登場人物・スチルなど、全てのネタバレ含みます。

 

こんにちは、みくろです。

今回はまず、特別シナリオ「秘密」について感想を書きます。

 

特別シナリオとは、倉田さんの話の「ヒナキちゃん」の分岐から解放される隠しシナリオのことです。

条件を満たすと、

こんな感じでタイトル画面に表示されます。

 

七不思議の集会の後日譚とも言える内容ですが、本編とは全く関係ない話になるので、どちらかというとパラレル・ワールドと捉えた方が入りやすいですね。

 

Twitterで本編をある程度読んだ後にプレイした方がよいと教えていただいたので、私は他を全部クリアした上で入りました!

たしかに真EDといえる坂上くんの妄想ルートは、作品自体の見る目が変わる可能性があるので最後の方がいいですね(^^;)

 

「秘密」の中でも分岐によって複数のシナリオに分かれるんですが、個人的には剣持さんとのかくれんぼの話がすごく切なくて好きです。

 

骨を折りながらも剣持さんを見捨てずロッカーまで連れて来れた坂上くんは十分頑張ったと思うのだけど、やっぱり忘れてしまったのが良くなかったのかなあ。

記憶がないとはいえ鳴神学園に入学したのは偶然とは思えないし、剣持さんが頑なに許さないというのもちょっとおかしいので、どこか旧校舎の魔力が影響していそうではありますよね。

 

BGMも相まってめちゃくちゃ切なくて、胸がギュッとなりました…。

 

一方でこんな可愛いスチルがあったり(笑)

ここまでたくさん分岐していろんな話が読めるとは思っていなかったので、特別シナリオだけでも十分なボリュームで大満足でした!

 

ドラマCD感想

さて、限定版のドラマCDを聴いたのでそちらの感想も書きます。

 

『呼ばれていない』というお話なんですが、まず日野さんが「あの集会に来ていた語り部は全員俺が呼んだけど、呼ばれていない奴が来ていた」とかマジで意味不明なこと言い出して、いよいよおかしくなったのかと(笑)

 

結局坂上くんが偽物だったわけだけど、あの集会時点で本物の坂上くんじゃなかったわけだから、日野さん以外は誰も会ったことないって結構ビックリな展開でしたよね。

 

でもみんな本当に声がピッタリで、特に笑い方なんてイメージ通りだと「これこれ~!」と嬉しくなります( *´艸`)

倉田さんの「くふふふ」がめちゃくちゃ可愛い!

 

坂上くんのキレ声も普段とのギャップがあって素晴らしいし、鳴七キャラって感情の起伏が激しいから声優さんってやっぱりすごいんだなと改めて。

普段あまりドラマCDは聴かないのだけど、声でしか表現できない世界観というのがあるんだなと感じました。

 

綾小路くんも昔はにおいと大川に翻弄される人ってイメージだったけど、今ではすっかりイケメンキャラですね!

黒魔術とオカルトでどんどんコラボしてほしい~!

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村