ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームとホラーと猫をこよなく愛する考察好きな主婦のキラキラしないブログ。

#960 発売直前!『アパシー 鳴神学園七不思議』プレゼント企画の件を語ります【ゲーム】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

体験版レビューはこちら↓

mischwarz.hatenablog.com

 

こんにちは、みくろです。

8月に入りまして、いよいよアパシー 鳴神学園七不思議』発売週ですね!!

もう何度も書いてますが、冗談抜きで毎日毎日指折り数えて楽しみにしていたので、遂に明々後日まで近付いてきたかと思うとソワソワが止まりません(笑)

 

もちろん先日の発売直前生放送もリアルタイムで見てました(*^-^*)♪

www.youtube.com

 

第七話の仕様や今後のアプデについてのお話もあって、シリーズファンとして嬉しいのはもちろん、追加DLCなども含めたアップデートに関しては、今後のノベルゲームの基準になるんじゃないかと思っています。

 

ノベルゲームってどうしても一昔前のイメージから脱却できてなかったと思うので(修正パッチがあるかなあ?ぐらいの印象)、学怖らしさを残しつつ現代版に進化した鳴七は、ノベルゲー全体の可能性を広げるという点でも非常に楽しみです!

 

#鳴神学園体験入学

さて、今回の生放送で楽しみにしていたプレゼント企画、もちろん私も参加させていただきます(=゚ω゚)ノ

 

学怖シリーズファンとして新作の発売が楽しみなのは当然として、今作を私がここまで推している理由は「この先」を感じるからです。

 

初代SFC版は1995年、アパシー版は2007年頃から続く、長く長く愛されているシリーズ。

私も本当に大好きだけど、じゃあ今の若い子が知っているか?プレイした事があるか?というと、残念ながらほとんど知らないと思うんですよね。

 

私が学怖シリーズを知ってSFC版から当時最新だったアパシー特別編までやり込んだのがもう10年以上前。

夜な夜なプレイしていた大学生がもう30代主婦ですからね(笑)

 

新作で、しかもリブートが、Switchで発売される日が来るとは夢にも思っていなかったので、まず製作してくださってありがとう!というのが一番。

そして飯島さんのシナリオが読めるのが楽しみなのはもちろんだけど、海凪さんを初め、開発スタッフさんも若い世代の方々が携わっているそうで嬉しいです。

 

古い時代がダメというわけじゃなく、大好きな作品だからこそ次世代に繋いでいって欲しいので、過去シリーズをリスペクトしつつ現代版として進化させている今作は本当に最高のかたちのリブートだと思います。

 

これを機に既存ファンはもちろん、どんどん新規ユーザーを増やして盛り上がっていってほしい…!!

 

----------------------------

※以下、ちょっとだけ体験版のネタバレ含みます。

 

個人的には、体験版レビューにも書いたんだけど、やっぱり生徒同士の絡みが一番楽しみです。

 

学怖シリーズのシナリオってホラー的な怖さとヒトコワ的な怖さがうまく融合されいてると思うんですが、生徒一人一人にしっかりした設定が付けば付くほどヒトコワ部分のエグさが増すと思うんですよね。

 

体験版での「その飴玉は死の匂い」の星野くんの件、あれね~~~~知り合いが殺された感覚というか(笑)

モブ生徒と比べて、名前があってどういう性格でどんな交友関係のある人か、ちょっと知っているだけでこんなに受ける印象が違うんだなと。

 

星野くんもかわいそうなんだけど、吉川くんがショックだろうなとか、そんな事まで考えちゃったんですよね(笑)

 

細田さんシナリオでかなりひどい彼らに対してもそう思うんだから、自分が肯定的に思っているキャラが被害者になったら…(;´・ω・)

 

でも今までは一人の語り部の主観でしか語られていない事が多かったから、他の人の視点で語られると全然違って見えるかもしれないですよね。

星野くんだって、細田さんから見たら最低最悪のいじめっ子だけど、岩下さんの話では理不尽に襲われたかわいそうな人だし、もしかしたら別の視点から見るとめちゃくちゃ良いヤツかもしれない(笑)

 

いろんな側面から見ることができるのはちょっと群像劇っぽい感じもあってすごく楽しみです(n*´ω`*n)

 

----------------------------

本当に発売が待ち遠しい~~~~!

 

プレゼント企画については、こんなに長々と書かなくても、鳴七に関することで「#鳴神学園体験入学」のタグさえつけていれば何を書いてもいいらしいので、ちょっとでも気になる!という方は是非参加してみて下さい♪

 

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村