ヘッポコ専業主婦と見守りおじさん。

ゲームと映画・海外ドラマ好きのマイペースに頑張る主婦が日常で感じたことや自分の成長を綴ったキラキラしないブログ。

#274 祝!リマスター『キングダムズ・オブ・アマラー:Re-Reckoning』と神ゲー【ゲーム】

#44以前はアメブロで投稿していたものです。

こんにちは、みくろです。

突然ですが、『キングダムズ・オブ・アマラー:Re-Reckoning』リマスター発売おめでとうございます!!


Kingdoms of Amalur: Re-Reckoning - Release Trailer

 

元々PS3/Xbox360/PCで2012年に発売されたオープンワールドRPGなんですが、日本だとほとんど知られてないんじゃないかな~!

今回のPS4/Xbox one/PCでのリマスター発売も大々的な宣伝はあまり見かけないけど、このゲームかなりの名作なのにプロモーションが下手くそなんですよね(笑)

 

当時もひっそり発売されて、私は大学生だったんですが、いつも買いに行ってるお店になくてかなり探し回った記憶があります(´ε`;)

実は今回も発売してから知ったというか、夫が週末に新しい他のゲームを買ったので私も何か探したら?と言われ何の気なしに見ていたら偶然見つけました(笑)

 

私もそうなんだけど、当時はスカイリムやドラゴンエイジが発売してすぐで洋ゲー好きはそっちに流れちゃったので、ものすごい良作なのになかなか報われなかったゲームですね~(^_^;)

 

話も覚えてないし全クリもしてなかったので久々にやってみるかー!と始めたところ、神ゲーでした。

何で当時やめちゃったんだ?とマジで自分が分からなくなるぐらい面白くてハマってます(笑)

 

とにかく世界観がいい

f:id:mischwarz:20200914085754j:plain

RPGにとって一番重要な世界観、まずこれが最高です。

 

ベストセラー作家が手掛けてるとあって、数ある洋RPGの中でもシナリオがかなりしっかりしています。

メインストーリーはもちろんなんですが、サブクエ一つ一つにもしっかりシナリオがあって、それが主人公が旅している事と全く無関係ではなく、むしろメインで問題となっている事象があるからこそ起きている出来事なんですよね。

 

だからRPGあるあるの「何で私がこんな事まで頼まれるんだ!?」といった理不尽さがなく、地域ごとの問題もわりと大きいので助けがいあります(笑)

 

f:id:mischwarz:20200914090856j:plain

アマラーの世界観の特徴は「全ての生き物に運命が定められている」という定義でして、ここで生きている人々は生まれてから死ぬまで決められた筋道をその通りに動いているんですね(もちろん本人は知らずにやってます)。

 

その運命を読み解ける術者や種族もいるんですが、読んだところで未来は変えられない定めなのでこの世界では「未来を読むこと」は嫌悪されています。

 

そんな世界でたった一人、運命が定まっていない、未来が見えない、他人の運命も変えてしまう者が現れます…それが主人公!

これだけで超わくわくしませんか!?(笑)

 

f:id:mischwarz:20200914091705j:plain

こういうシナリオがしっかりしたオープンワールドRPGにしては珍しく、かなりアクションにも力が入ってるので戦闘も楽しいです。

戦士、盗賊、魔法の3職から更に武器種が分岐するし、クラスはいつでも変えられるので好きな戦い方ができます。

 

とはいえごりごりのアクションゲームと違ってあくまでRPGなので、アクション苦手だなあって人でもノーマルで十分楽しめるレベルだと思います。

 

f:id:mischwarz:20200914092223j:plain

キャラクリはまあお世辞にもバリエーション豊富とはいえないんですが、よく洋ゲーやる人なら許容範囲ではないかと。

ただNPCの影が薄くてコンパニオンもいないので、キャラ重視の人には向かないかもしれないです。

 

正統派ファンタジーの世界にどっぷり浸かりたい人にとっては最高のゲームになるのは間違いありません。

2021年には新DLCも来るらしいので、しばらくアマラーの世界を楽しもうと思います(*´ω`*)♡

 

※おそらく日本語版はパッケージで売ってません。気になる方はDLしてね。

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村